出会い系サイト内での利用者同士のトラブルに気をつける

優良の出会い系サイトを利用していても一つの問題があります。

出会い系サイトが素晴らしいサービスだからこそ利用者の中にも悪さを働かそうとする人もいますので気をつけましょう。

色々なケースに対応することが大切です。出会い系サイトには利用者同士のトラブルがあるので注意しましょう。

優良サイトということは実際に新しい出会いがあるということでもあるのです。つまり色々な人が利用しているということです。

純粋に新しい人と出会いを楽しみたいとう人もいればそういった想いを踏みにじるような人も存在します。実際に悪さを働こうと思っている人は全体の5%ぐらいかもしれませんがそれでも実際にそういった人は確実に存在すのでどういったトラブルがあるのか?まきこまれないようにするためにはどうすればいいのかを紹介します。

美人局に気をつける

これはよくある手口と言えるかもしれませんが、男性が被害に遭いやすくターゲットにしています。

例えばメールをやり取りする回数がものすごい少ないのに向こうがかなり積極的にあってこようとします。男性からしてみればかなり嬉しいですよね。

そして出会ったらホテルを予約して用意しているのでそこでいいことをしましょうと誘惑してきます。男性からしてみれば願ったり叶ったりのことかもしれませんが部屋に入ったら怖い人がたくさんいて逃げ場がないという状態になって金品を巻き上げられるという事態に発展します。

うますぎる話には乗らないようにすることが大切ですし、ホテルは用意しているところではなくてこちら側が手配するようにしましょう。

宗教の勧誘

勧誘自体は特別問題となることではないと思いますが、実際に出会いを目的としている人からしてみればいやな気分になりますよね。宗教に入らなければ付き合わないとかいう人もなかにはいるそうですがもし危ない感じがした場合はすぐに逃げるようにしましょう。

また宗教勧誘以外にも商品を買わせようとしたり入会させようとするケースもありますので同じように出会いが目的としていないのであればどんなに相手が美人で魅力的であろうともそれをダシにしているだけですので向こうに利用されるだけで終わってしまう可能性があります。

結婚詐欺師

これは裁判でも判断が非常に難しいと言われており詐欺師を立証することはよほどのことがない限り難しいと言われております。

出会い系サイトには婚活を目的としている人もいるのでそういった人をターゲットにしやすいようです。

お金の貸し借りは基本的に信頼できるようになるまでしないほうがいいでしょう。

ほかにも色々なトラブルがありますが、基本的に危ないと思ったらすぐに逃げることと人通りの多いところで会うようにすることが大切です。

サイトでのトラブルまとめ

冷静に対処すれば怖い存在ではないかもしれませんが、最初は警戒心を持って相手と接することが大切です。

うまい話に乗ったりしないで、しっかりと信用できる人なのかは会う当事者しか分かりません。

自分の身は自分で守るしかないのでしっかりと対処していきましょう。